横浜市青葉区・都筑区・港北区のリフォームならクレインホームへ
お見積り・お問い合わせはこちらから! 045-530-3233 受付時間:9:00~18:00/定休日:日曜・祝日メールで無料相談
まずはお気軽に!お見積り・お問い合わせはこちらから
045-530-3233 受付時間:9:00~18:00/定休日:日曜・祝日 メールで無料相談

トイレリフォーム

トイレリフォームメイン画像

トイレに関するお悩みや理想はありませんか?

クレインホームでは、お客様ひとりひとりのトイレに関するお悩みや理想をお伺いし、それぞれのお家に合ったトイレリフォームをご提案させていただきます。大手企業やトイレ交換だけをする業者にはできないきめ細やかな対応でお客様の理想のトイレをカスタマイズ提案いたします。お見積りは無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。

主要取り扱いメーカー
※その他メーカー商品もお取り寄せできます。
  • TOTO
  • Panasonic
  • LIXIL

トイレリフォーム事例

収納が少ないキッチンをラクエラキッチンで使いやすいキッチンに。

キッチンスペースに食材のストックを置く場所やゴミ箱を収納しておけるスペースがない。 これから引っ…

アフター トイレ・お風呂・洗面台の水回りのリフォームに合わせ家全体のイメージを変更

最初のお問い合わせは、エアコン交換のご依頼でした。訪問してお話をお伺いしたところ、エアコ…

収納が少ないキッチンをラクエラキッチンで使いやすいキッチンに。

キッチンスペースに食材のストックを置く場所やゴミ箱を収納しておけるスペースがない。 これから引っ…

トイレリフォーム事例一覧へ

クレインホームのトイレリフォームが選ばれる理由

提案力
解決力
対応力
地域密着だからこそ迅速な対応、責任のある施工、万全のアフターフォローが可能!

トイレリフォームの流れと工期

トイレ本体の交換や便器・便座の取り替え、壁のクロスの張り替えなど簡単な内装工事であれば、工期は半日~1日で終わります。和式から洋式へのリフォームや、配管や床の張替えなどの内装工事が含まれてくると約2~5日程度の日数が必要になってきます。工期は、工事内容、ご自宅のトイレの状態によって変わってきますのでまずはお気軽にお問い合わせください。

  • 養生・解体

    傷つかないように養生し、既存の便器を取り外します。

  • 張替え・配管工事

    必要な場合は、給水・排水管の工事、床の張替え等の内装工事を行います。

  • 設置・配管接続

    新しいトイレを設置し、配管の接続を行います。

  • 備品設置・
    最終チェック

    便座などを取り付け、最終動作確認を行い完了です。

まずはお気軽に!お見積り・お問い合わせはこちらから
045-530-3233 受付時間:9:00~18:00/定休日:日曜・祝日 メールでお問い合わせ

トイレの選び方・ポイント

トイレリフォームを検討する前に、まずは現状のトイレの状態を確認することが大切です。
排水・排水芯の位置や建物の構造、コンセントの位置、トイレ空間の広さなどにより、設置できる商品が変わってきます。まずは、自分でできるトイレ選びのポイントをチェックしましょう。

排水方法(排水芯の位置)の違いを確認!

トイレの排水には、「床排水」と「壁排水」の2種類のタイプがあります。

一般的に戸建住宅や最近のマンションでは、排水管が床から接続されてて接続が見えないタイプの「床排水」が多いです。一部のマンション・団地では、便器の後ろ側から排水管が壁に接続されている「壁排水」タイプが多く見られます。ご自宅の排水管が床と壁のどちらから接続されてるのかしっかり確認しましょう。

また、メーカーにより「排水芯の位置」が違うため合わせて確認が必要です。「排水芯の位置」は分かりづらいため、業者が現場調査に来た際に確認してもらうことをおすすめします。排水芯の幅や高さにより設置できるトイレが変わってくるため確認した上で設置できる商品を選びましょう。

床排水

床排水 戸建て・最近のマンション

戸建て・最近のマンション

排水管が床から接続されているタイプです。接続部分は見えません。壁から接続してなければ床排水です。

壁排水

壁排水 一部のマンション・団地

一部のマンション・団地

便器の後ろ側から排水管が壁に接続されています。接続部分は確認可能です。マンションに多く見られるタイプです。

トイレの形状・タイプを選びましょう

トイレのタイプは大きく分けて「タンク式トイレ」「タンクレストイレ」の2種類があります。更に、「タンク式トイレ」を細かく分けると「組み合わせ便器」と「便器一体型トイレ」のタイプがあります。
「タンク式トイレ」「タンクレストイレ」それぞれのメリット・デメリットを理解してご自宅に合ったトイレを選びましょう。

タンクレストイレ

タンクレストイレ画像

タンクレストイレは、水を溜めるタンクがないタイプのトイレです。タンクがない分、トイレの奥行きが10cmほど小さくなるため空間が広く使えます。見た目もスッキリしておりデザイン性の高い商品が多いのが特徴です。形状も凸凹がなくシンプルなのでお手入れもしやすいです。また、タンクに水を溜める時間がいらないため連続して水を流すことができ、朝のトイレが混み合う時間帯の悩みも解決してくれるトイレです。

価格は、タンク式トイレに比べて高価で、手洗い部分もなくなるため別に手洗いの設置が必要になってきます。また、電気を使って水を流しているため停電時にはバケツに水を汲むなどして流す必要があります。(メーカーによっては停電時でも排水ができるタイプも発売されています。)

タンクレストイレは、マンションや戸建ての2階部分など、水圧が低いと設置ができないことがあるため、必ず事前にご自宅の排水の状態を確認してもらいましょう。

組み合わせ便器(タンク式トイレ)

組み合わせ便器(タンク式トイレ)

組み合わせ便器は、タンクと便器、別売りの便座(ウォッシュレット)を組み合わせたタイプで最も一般的で価格も抑えられるタイプのトイレです。

組み合わせ便器のメリットは、便座が選べるので欲しい機能のついた便座を予算に応じて選ぶことができます。また、便座が故障しても便座のみを交換することが可能です。タンク部分に関しても手洗いのあり・なしをお好みで選ぶことができます。
ただ、タンクがある分スペースがとられてしまうため、もともとのトイレ空間が狭い場合は圧迫感を感じてしまうかもしれません。掃除のしやすさに関してもスッキリとしたデザインのタンクレスに比べ、隙間や凸凹が多く、見えない部分に汚れが溜まりやすいため、こまめに掃除をしないと汚れがこびりついてしまった!なんてこともあるでしょう。

便器一体型トイレ(タンク式トイレ)

便器一体型トイレ(タンク式トイレ)

便器一体型トイレは、タンク+便器+便座(ウォッシュレット)がセットになった一体型タイプです。組み合わせ便器と違い、メーカーがタンク+便器+便座を組み合わせて販売しているため、デザインに一体感があります。デザインがすっきりしているため、お手入れは楽なので掃除が面倒という方にはおすすめのタイプです。

ただ、一体型なので便座は自由に選ぶことができません。また組み合わせ便器と違い、故障した時には便座だけ交換など個別に交換ができないため、費用や手間がかかる可能性があります。

おすすめのトイレ機能ご紹介

最近のトイレは高機能でたくさんの便利な機能がついています。
こちらではたくさんある機能の中で、お客様の多くが気にされ、選ばれる機能をご紹介させていただきます。選ぶ際の参考にしてください。

オート開閉

トイレ機能-オート開閉画像

人の動きを検知して、ふたが自動で開閉します。閉め忘れを防ぐことで節電にも効果的です。

室内暖房

トイレ機能-室内暖房画像

温風でトイレ室内を暖めてくれます。

お掃除リフトアップ

トイレ機能-お掃除リフトアップ画像

レバー操作で便座が真上に上がりことでお掃除しづらかったすき間の汚れがラクに拭き取れます。

フチなし便器

トイレ機能-フチなし便器画像

汚れが溜まり掃除のしづらいフチ裏をなくした形状の便器です。

クリーン便座

トイレ機能-クリーン便座画像

防汚効果の高いクリーン樹脂で汚れをはじいれくれ継ぎ目もないので、継ぎ目の汚れの拭き取りが簡単です。

除菌機能

トイレ機能-除菌機能画像

除菌水が、自動で便器を除菌し、汚れや黒ずみをつきにくくしてくれます。

節水

トイレ機能-節水画像

洗浄効果を保ったまま、少ない量の水で便器を洗浄してくれます。

瞬間暖房便座

トイレ機能-瞬間暖房便座画像

使用するときだけ便座を瞬間的に温めてくれて、使わないときは節電してくれます。

トイレリフォームの費用と相場

トイレリフォームに必要な費用は、大きく分けて3つの項目に分けられます。
トイレ本体を交換だけであれば、5万円~と比較的安く済ませることができます。交換だけなので床材・壁材などの材料費はかかりませんが、タンクレス便器や高機能な商品を選ぶと10万円~と費用はかさみます。
トイレ本体を交換だけでなく、壁紙・床材の張替えといったトイレ全体のリフォームになると床材・壁材などの材料費によって価格帯が大きく違ってきます。また、家の構造や配管の位置・状態、マンションか戸建てなのかによっても大きく変わってきますので注意が必要です。

トイレリフォームに必要な費用

1.トイレ本体の価格

便座のみの交換だけか、便器と便座まとめて交換するのかで大きく価格が異なります。またタンクレスや高機能のものほどグレードは高く価格も高額になります。

2.設置工事費

トイレ本体を交換するだけであれば設置工事費は安くすみますが、「和式→洋式に変更したい」「床・壁材を張り替えたい」「手洗いを新設したい」など1日では終わらないような工事内容になってくると費用も高額になります。

3.床材・壁材などの材料費

床や壁も一緒にリフォームを行う場合は、床材・壁材などの材料費がかかってきます。どのような素材・材質を選ぶかによって価格は大きく変わってきます。

クレインホームでは、ホームページ上で詳細なリフォーム費用を打ち出しておりません。
といいますのも、お客様ひとりひとりの住んできたお家の状態、リフォーム後に描いている理想のトイレ、かけられる予算をお伺いした上で、もっとも最適なご提案しているため費用を打ち出すのが難しいのです。大手企業やトイレ交換だけをする業者にはできない、きめ細やかな対応でお客様の理想のトイレをカスタマイズ提案させていただきます。お見積りは無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。

まずはお気軽に!お見積り・お問い合わせはこちらから
045-530-3233 受付時間:9:00~18:00/定休日:日曜・祝日 メールでお問い合わせ

マンションのトイレリフォームに関する注意事項!

マンションの場合は、戸建てと違いご希望のリフォームができないことがあります。

マンションは共同住宅なので、規範やルールが定められており、マンション管理規約や区分所有法が必ず用意されてます。マンションには、「専有部分」と「共用部分」があり、リフォームできるのは「専有部分」のみになります。トイレリフォームの際に関わってくる排水管スペースは「共用部分」であり、リフォーム出来ない部分なので、リフォームする際に工事内容と規約を確認する必要があります。
マンションでトイレリフォームを考える際は必ずマンションのルールを確認しましょう。

おすすめトイレメーカー一覧

TOTO

TOTO

トイレメーカーの中で1番人気のメーカーです。トレイといえばTOTOを思いつく方も多いと思います。お手入れを楽にする「きれい除菌水」や節水・節電ができる機能などがあります。また「ウォシュレット」はTOTOの登録商標です。

Panasonic(パナソニック)

Panasonic(パナソニック)

パナソニックはトイレメーカーの中では後発ですが、独自の排水方式「ターントラップ方式」での節水機能や、たっぷりの泡でお掃除してくれる激落ちバブル機能など、便利な機能も多く、水アカ汚れがつきにくい有機ガラス系の素材を使った「アラウーノ」シリーズは高い人気です。

LIXIL(リクシル)

LIXIL(リクシル)

リクシルは、元々は陶器メーカーのINAXがメーカー5社を統合してできた総合メーカです。水を流しただけでツルンと落ちる「アクアセラミック」素材を便器に使用してます。プラズマクラスターイオンで「消臭」「除菌」をしてくれる機能もあります。

おすすめするトイレ商品

ネオレストNX

アラウーノL150

サティスG

他社でよくあるトイレリフォームトラブル事例

タンクレストイレにしたら手洗い場がなくなってしまった

タンクレストイレの方が見た目がスッキリするし、機能も多かったので選んだのですが、手洗い場がなくなってしまいました。タンクレストイレを選んだ時点で提案が欲しかったです。

介護を考え、手すりをつけたら狭くなった

先のことを考え、リフォームを期に手すりをつけたのですが、想像以上に空間が狭くなってしまいました。こちらからの要望に対して狭くなることを想定できたのであれば、提案の時点で説明が欲しかったです。

よくある質問

トイレリフォーム工事中はトイレは使えますか?

工事中は使用できません。
基本的にトイレ工事は、数時間~1日(工事内容によっては数日かかります)で終了するため当日中には使えるようになりますが心配な方は事前にご相談ください。

取り外した便器や廃材の回収費用は別途かかりますか?

いいえ。撤去処分まで工事費用に含まれておりますので回収費用を別途いただくことはございません。

まずはお気軽に!お見積り・お問い合わせはこちらから
045-530-3233 受付時間:9:00~18:00/定休日:日曜・祝日 メールでお問い合わせ

リフォームメニュー

まずはお気軽に!お見積り・お問い合わせはこちらから
045-530-3233 受付時間:9:00~18:00/定休日:日曜・祝日
メールでお問い合わせ