横浜市青葉区・都筑区・緑区のリフォームならクレインホームへ
お見積り・お問い合わせはこちらから! 0120-36-0109メールで無料相談
まずはお気軽に!お見積り・お問い合わせはこちらから
0120-36-0109 メールで無料相談

洗面所・洗面台リフォーム

洗面所・洗面台リフォーム

洗面所・洗面台に関するお悩みや理想はありませんか?

洗面ボウルや蛇口が壊れたり、不具合が生じない限り、洗面所・洗面台のリフォームを考える方は少ないかもしれません。洗面所・洗面台は水回りなので、年数が経過すると水はねによる壁や床のカビや腐食が気になってきます。15~20年を目安にリフォームをすることがおすすめです。また、お風呂をリフォームする際に洗面所も一緒にリフォームを考える方も多いです。
子供が増えて使い勝手が悪くなったからシンクを広げたいなど、ライフスタイルの変化にあわせてリフォームを考える方や、収納スペースの悩みなどでリフォームを考える方もいます。
クレインホームでは、失敗しないリフォームをするためにお客様ひとりひとりの洗面所に関するお悩みや理想をお伺いし、それぞれのお家にあった洗面所・洗面台リフォームをご提案させていただきます。ライフスタイルの変化とともに使いやすい洗面台の形態も変わってきます。大手企業にはできないきめ細やかな対応でお客様の理想の洗面所をカスタマイズ提案いたします。お見積りは無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。

主要取り扱いメーカー
※その他メーカー商品もお取り寄せできます。
  • Panasonic
  • TOTO
  • LIXIL
  • タカラスタンダード

洗面所・洗面台リフォーム事例

洗面所リフォームafterTOTO Vシリーズの洗面所はお手頃価格で充実の機能!リフォームにおすすめ

洗面台のハンドルレバーが外れてしまって、洗面台が使用できなくなってし...

洗面所・洗面台リフォーム事例一覧へ

クレインホームの洗面所・洗面台リフォームが選ばれる理由

提案力
解決力
対応力
地域密着だからこそ迅速な対応、責任のある施工、万全のアフターフォローが可能!

洗面所・洗面台リフォームの流れと工期

洗面台の交換作業だけであれば、工期は最短で1日で終わります。壁や床などの内装リフォームが含まれてくると2~3日程度の日数が必要になってきます。洗面台の下に体重計やルンバなどを入れるスペースを作ったり、造作棚などを新しく取り付ける場合は、設置する棚の大きさや数、造作する内容によって工程は大きく変化するので、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 養生・解体

    傷つかないように養生し、既存の洗面台を取り外します。

  • 配管・内装工事

    必要な場合は、給水・排水管の工事、床の張替え等の内装工事を行います。

  • 本体設置

    新しい洗面台を設置します。

  • 最終チェック・
    仕様説明

    最終確認を行い、使用方法を説明し完了です。

まずはお気軽に!お見積り・お問い合わせはこちらから
0120-36-0109 メールでお問い合わせ

洗面所・洗面台の選び方・ポイント

失敗しない洗面所・洗面台リフォームをするためには、まず現状の不満点や既存の洗面所の広さや洗面台のサイズを確認することが大切です。収納は満足しているか、洗面台の高さ、サイズ感は問題ないか、蛇口、コンセントの数や位置はどうしたいかなどをピックアップしておくと良いでしょう。現状の洗面所の大きさによって設置できる商品が変わってきます。まずは、ご自身でできる洗面所・洗面台選びのポイントをチェックしましょう。

現状の洗面台のサイズを確認しましょう

現状の洗面台のサイズを確認新しい洗面台に交換する際にデザイン性だけで洗面台を選んでしまうと、設置スペースが足りずに設置できない場合などの問題が起こってしまうため、サイズをよく確認してから交換する製品を選びましょう。
洗面所の寸法を測る作業を行ってから、どの製品が自宅の洗面所に合っているのか確認する事がまずは重要です。
また、洗面所の大きさだけでなく、洗面台の高さも重要です。現状の洗面台の高さは問題ないか確認しましょう。
自分に合う洗面台の高さが分からない時には、身長の半分ほどの高さを選ぶのが一般的だと考えて、デザインなどを比較しながら設置する製品を選ぶ事をおすすめします。

現状の不満点・欲しい機能を洗い出しましょう!

デザイン性だけを基準に交換する製品を決めてしまうと、機能性が不十分な事に不満を感じる事になりかねません。まずは現状の不満点をメモしておき、その不満点を解消できる製品を見つける事をおすすめします。

よくある不満点をあげると、まずは洗面台の高さに関する不満点です。
洗面台の高さが合わなくて洗顔時に腰が痛くなる時には、腰を折り曲げずに洗顔ができる高さの製品を選択するとよいでしょう。 最適な洗面台の高さは、基本的には「身長÷2」が良いと言われています。

そして、次にあげられるのが、収納スペースに関しての不満点です。
収納が少なすぎる、収納の位置が悪すぎて使いづらいなど、収納の扱いやすさとスペースのバランスも重視しておきたい点で、洗面台を大きくしすぎたせいで収納スペースが無くならないように、棚の大きさも確認する必要があります。また、天井に近い場所に収納を取り付けてしまい、棚まで手が届かないといったトラブルが発生する場合もあるので、家族の身長に合わせて棚の高さを調整する事も重要です。 洗面所に窓があるという住宅は棚が窓をふさぐ事にならないように、窓の位置を考慮しながらリフォームのプランを考える必要があります。

洗面台の寿命は15年~20年ほどなので、15年ほど経過した住宅は洗面所・洗面台に関してもリフォームプランを考える事をおすすめします。

洗面台のパーツを選びましょう

鏡を選ぶ

一面鏡

一面鏡

鏡が一面だけ取り付けられているタイプで、サイドに棚がついている事が多く、タオルなどを入れる収納スペースを確保したい時に選ばれます。設置する枚数が一枚だけで済むので、すっきりとしたデザインを重視している方々に最適です。

二面鏡

二面鏡

間口が60cmほどの洗面台に最適で、片側だけ裏が収納スペースになっているものと、全面収納になっている製品の二種類があります。歯ブラシやヘアブラシなどを入れておくだけであれば、片側だけでも十分に扱いやすさを実感できると好評です。

三面鏡

三面鏡

鏡の裏側が全て収納スペースになっているものが多く、メーカーによっては左右の鏡が前に出ているために、化粧をしやすいと女性からも評価されています。三つの鏡を取り付ける事になるために、価格が一番高くなる場合もあります。

洗面台を選ぶ

扉タイプ

扉タイプ

棚が両開きになっているために大きな物を収納しやすいのですが、奥にしまっている物を取り出しにくいのが欠点の一つです。腰をかがめないと物を取り出せないのも欠点ですが、一般的な棚なのでデザインを選びやすいのは利点です。

引出しタイプ

引出しタイプ

普段から遣うものは引出しの中に収納しておき、数ヵ月に1回しか使わないものは扉の中に収納するなど工夫ができます。扉タイプと同じく奥に収納している物は取り出しにくいのが難点ですが、整理整頓のしやすさが特徴です。

フルスライドタイプ

フルスライドタイプ

棚を引き出す事で奥に入れている物も一目で分かり、奥の物を取り出す際にも前にある物をどかす必要もありません。扱いやすさで注目されていて、上のスライド棚に収納している物であれば、腰をかがめずに物を取り出せます。

洗面ボウルの種類

洗面ボウルの種類

陶器製

価格がリーズナブルで一般的な陶器製のボウルは、陶器の輝きに高級感があると言われており、硬度も高いので傷がつきにくいのも魅力の一つです。引っかき傷には強いのですが、強い衝撃が加わる事でヒビが入る事もあります。

樹脂製

樹脂で作られているボウルはヒビが発生しにくいために、瓶などがボウルに落下して傷がつかないか心配な家庭にぴったりです。細かい傷がつきやすいのはデメリットの一つで、摩耗すると隙間から汚れが入り込む事も珍しくありません。

ホーロー製

ホーローはダメージに強いだけでなく薬品にも強いために、育毛剤などの成分でボウルに傷がつかないか心配な時にも活用できます。経年劣化によって表面のガラス層が欠ける事もあり、ヒビから水が入り込むと金属部分がサビる場合もあるので注意が必要です。

洗面台のタイプを確認しましょう

ユニットタイプ

ユニットタイプ

据え置き型で一般的なタイプの洗面台で、洗面用のボウルや収納用のキャビネットに加えて、照明器具なども取り付けられています。天井近くには棚が付けられていないので、収納スペースが不十分だと感じる場合には別のタイプを選択すると良いでしょう。

システムタイプ

システムタイプ

特に収納スペースが広々としており、天井の近くにも棚を取り付ける事ができて、収納用のキャビネットなども自由に組み合わせる事が可能です。洗面室の広さに合わせてキャビネットの数も変更できる自由度の高さが魅力です。

カウンタータイプ

カウンタータイプ

カウンターを壁に取り付けて、その上に鏡や洗面ボウルを設置するだけの洗面台で、高さや間口なども自由に設定できます。カウンタータイプは収納用のキャビネットが付かない事が多く、収納スペースが物足りなく感じる場合もあります。

洗面所・洗面台リフォームの費用と相場

洗面所・洗面台リフォームに必要な費用は、大きく分けて4つの項目に分けられます。
新しく設置する洗面台の本体価格、既存の洗面台を解体し処分する解体処分費用、新しい洗面台を設置する設置工事費や配管工事費、床や壁なども一緒にリフォームを行う場合は、床材・壁材などの材料費がかかります。
リフォームの程度や設置する洗面台のタイプなどによって費用は変わってきますが、陶器製で幅75cm以下のサイズであれば10万円程度で終わる事が多く、シャワー水栓付きの製品は20万円程度で設置する事が可能です。収納扉のタイプによっても費用は変化します。工事のプランによってリフォームの費用は大きく変わるもので、洗面台の位置を移動する場合などは配管工事なども必要になってくるため費用も高額になります。
洗面台本体のみの交換だけでなく、壁紙・床材の張替えといった洗面所全体のリフォームになると床材・壁材などの材料費によって価格帯が大きく違ってきます。また、家の構造や配管の位置・状態、マンションか戸建てなのかによっても大きく変わってきますので注意が必要です。

洗面所・洗面台リフォームに必要な費用

1.解体・処分

リフォームではまず既存の洗面台を解体・処分しなければいけません。洗面ボウルの大きさや素材によってもコストが変化します。棚なども一緒に撤去してもらう際には、追加料金を支払う場合もあります。

2.洗面台本体の価格

洗面台本体製品の幅やLED照明、収納の数、収納扉のタイプ、付いてる機能によって大きく価格が異なります。シャワー水栓が付いているものでも価格は大きく変化せず、予算に合わせて収納棚の数や大きさを調整する事が重要です。

3.設置工事費(配管工事費)

洗面台本体製品の設置工事に、配管作業をセットで依頼する事で料金が大きく上がる心配はありません。新規に配管を接続する場合には、穴あけ作業も必要になるので価格は大きく変わってきます。

4・床材・壁材などの材料費

床や壁も一緒にリフォームを行う場合は、床材・壁材などの材料費がかかってきます。どのような素材・材質を選ぶかによって価格は大きく変わってきます。木目などをイメージしたクッションフロアを選ぶ事で、フローリング材よりもコストが下がります。

クレインホームでは、ホームページ上で詳細なリフォーム費用を打ち出しておりません。
といいますのも、お客様ひとりひとりの住んできたお家の状態、リフォーム後に描いている理想の洗面台、かけられる予算をお伺いした上で、もっとも最適なご提案しているため費用を打ち出すのが難しいのです。大手企業や洗面台交換だけをする業者にはできない、きめ細やかな対応でお客様の理想の洗面台をカスタマイズ提案させていただきます。お見積りは無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。

まずはお気軽に!お見積り・お問い合わせはこちらから
0120-36-0109 メールでお問い合わせ

マンションの洗面所・洗面台リフォームに関する注意事項!

戸建てなのか、マンションなのかによって対応できる施工に違いがあります。マンションではカウンタータイプの設置が難しい場合があり、収納棚などを取り除いてカウンタータイプに取り換えようとしても、配管や収納棚の位置を移動する許可がマンションでは得られない例も珍しくありません。 カウンタータイプを取り付けたい場合は、まずは下見などの調査を行う事で工事のプランを決める必要があります。また、騒音が近所迷惑にならないように、工事を始める時期などをリフォーム会社と話し合いながら決める事も重要です。

おすすめ洗面所・洗面台メーカー一覧

Panasonic(パナソニック)

Panasonic(パナソニック)

パナソニックは、デザイン性や機能性を重視したLサイズの製品だけでなく、横幅が50cmほどの小さな洗面台も取り扱っていて、スタイリッシュなデザインが注目されています。鏡をスライドさせる事で収納棚を開く、独自のデザインも好評です。

TOTO

TOTO

TOTOは、汚れを簡単に取り除ける洗面ボウルなど、扱いやすさを重視した製品を数多く用意しています。節水や節電に対するこだわりも大きく、省エネに興味を持っている人とも相性が良いメーカーで、セミオーダーで洗面ボウルの配置などを変える事も可能です。

LIXIL(リクシル)

LIXIL(リクシル)

大理石の美しさを再現した人造の大理石カウンターなど、安価でありながら高級感のある製品がリクシルの魅力です。顔を左右から明るく照らす事でメイクをしやすくなる、フェイスフルライトなどの機能が多くの女性から評価されています。リクシルの洗面台を比較

タカラスタンダード

タカラスタンダード

タカラスタンダードは、最高クラスの収納量を誇るフルスライドタイプの収納棚を用意しており、大家族でも扱いやすい製品が豊富です。間口に合わせて1cm刻みでサイズが調整できるなど、プランを細かく変更できる対応力の高さでも信頼できます。
タカラ製品の特徴を動画でCHECK!

おすすめする洗面台商品

エスクアLS

TOTO
TOTO エスクアLS
奥ひろ収納すべり台ボウルエアインシャワーワイドLED照明

ピアラ

LIXIL(リクシル)
LIXIL ピアラ
ひろびろボウルくるくる水栓扉裏ポケット

ウツクシーズ

Panasonic
Panasonic ウツクシーズ
美ルックLED照明スゴピカカウンター節水汚れシャットミラー

ファミーユ

タカラスタンダード
タカラスタンダード ファミーユ
ホーロー製2WAYカウンター大量収納

BGA

クリナップ
クリナップ BGA
スクエアボールLED照明省スペース

エポック

トクラスロゴ
トクラス エポック
人造大理石ボール多彩な扉カラーお手入れ簡単

他社でよくあるキッチンリフォームトラブル事例

水ハネをするようになった

デザイン性を重視して洗面ボウルを浅いものにしたら水ハネをするようになってしまった。

収納スペースが減った

家族が増えたため、作業スペースを増やしたら収納が減ってしまった。

クレインホームでは、事前に必ずパーツの特徴やデメリット部分もご説明をいたします。ご家族の人数や洗面台を使う時間などを詳しくお伺いした上で最適な洗面台をご案内させていただきます。

よくある質問

洗面台交換のタイミングはいつですか?

使用頻度によりますが、20年以内にリフォームされる方が多いです。

工事期間はどれぐらいかかりますか?

洗面台の交換作業だけであれば、工期は最短で1日で終わります。内装などのリフォームが含まれてくると2~3日程度の日数が必要になってきます。造作棚などを新しく取り付ける場合は、設置する棚の大きさや数によって工程は大きく変化するので、まずはお気軽にお問い合わせください。

対応エリア

横浜市 青葉区・都筑区・緑区
川崎市 麻生区・宮前区
に対応いたします。

リフォームメニュー

まずはお気軽に!お見積り・お問い合わせはこちらから
0120-36-0109
メールでお問い合わせ
今年こそリフォーム!プレゼントキャンペーンサイドバナー
Facebookバナー
Instagramバナー

対応エリア

横浜市 青葉区・都筑区・緑区
川崎市 麻生区・宮前区
に対応いたします。

リフォーム補助金・減税制度バナー
クレインホームの一戸建て・注文住宅バナー
医院・病院・クリニック専門サイトバナー
不用品回収のエコジャパン合同会社バナー